アンチエイジングとは

アンチエイジングという言葉を聞いたことがあるでしょうか。誰でも歳をとれば、しわが増えたり、体が思うように動かなくなったりしますよね。アンチエイジングとは、歳とともに進んでいく老化を出来る限り抑えることです。
では老化を遅らせるにはどうしたらいいのでしょう。今、このアンチエイジングに効果が期待されているNMNというものがあります。ここからはNMNについて詳しくご紹介しましょう。

NMNとは、ニコチンアミド・モノ・ヌクレオチドの略です。これはアメリカのある大学で発見された物質で、体内でも作られるNMNの生産能力の低下が老化の原因なのではと考えられています。そのため、NMNを摂取することで、若返るのではないかという研究が進められているのです。そのメカニズムに大きく関わってくるのがサーチュイン遺伝子です。
サーチュイン遺伝子は長寿遺伝子とも呼ばれ、いつもは休眠状態です。しかし私たちが食料を失い、死に直面したとき、つまり飢餓状態に陥った時に生き延びようとこの遺伝子は活性化します。物質NDAがサーチュイン遺伝子の活性化に必要とされていますが、NDAを作り出すにはNMNが必要になります。
したがって、NMNを摂ることでNDAが生み出され、それがサーチュイン遺伝子の活性化に繋がるのではと研究されています。長寿遺伝子と呼ばれている通り、サーチュイン遺伝子が活性化することで、寿命が延びるかもしれないと期待されています。